世界を知る対談 小林達夫 × 寺島実郎

2013/06/28

201306281234_1-300x201.jpg   
 
 株式会社コバヤシ
  代表取締役社長

   小林 達夫 氏


 株式会社コバヤシはプラスチック総合メーカーであり、プラスチック製の納豆容器製造ではトップシェアを誇ります。取扱製品は数百種類に及び、納豆・豆腐・カップ麺等の食品用プラスチック容器や、ICチップ用の包装材や自動車部品も扱っています。会社名から業務の全容把握は困難ですが、実はコバヤシ製品は世の中に溢れており、誰もが一度は触れています。寺島はコバヤシを、存在感のある中堅・中小企業としてかねてより着目して来たと紹介して対談を始めました。

 数あるコバヤシ製品を前に寺島は、納豆容器に注目した理由を代表取締役社長の小林達夫氏に尋ねました。小林氏は、かつて納豆はワラや竹割りに包まれて売られていたが、大量生産・大量消費時代とともにスーパーマーケットが登場した時、新しい形態の食品売り場に対応する容器の必要性を実感し、プラスチック製の納豆容器を開発したと説明しました。しかし納豆をプラスチック容器内で発酵させることは不可能と考えられていたため、実用化には苦労を強いられ、文字通り「ねばり強く」製品化したと語りました。
 コバヤシのヒット作には、発泡スチロールのふた部分を割ることで手を汚さずに納豆のタレをかける「パキッ!とたれ」もあります。これは容器が割れやすいとのクレームからヒントを得ました。「どうせ割れるのなら割れやすくしてみよう」と逆転の発想から開発がスタートし、商品化に成功すると、斬新なアイデアが評価されて経済産業大臣賞を受賞しました。特筆すべきは、この商品開発の中心を担ったのが若手社員であることです。
 
 寺島は、新しい時代のニーズをチャンスに変えるコバヤシの着眼点を繰り返し強調しました。コバヤシのような企業間取引(B to B)を主とする企業は、消費者と直に接する機会に乏しいため、最新情報やニーズの把握が苦手と一般的には考えられています。しかし小林氏は三現主義(現場、現物、現実)を重視し、インターネットではなく、現場に足を運び、実際に現場に携わっている人の話を聞くことで常に新鮮な情報を得てきたのでした。

 次に寺島はコバヤシと小林氏の経歴を尋ねました。1952年設立のコバヤシは、おもちゃの人形の原料であるソフトビニールの卸問屋からスタート、日本のおもちゃ輸出の興隆期に発展しました。その後、日用雑貨や農産物のパッケージ市場での事業を展開しました。農業構造の変化や、都市化という流れの中で、スーパーマーケットで農産物を売るという新しい販売形態の登場を鋭くとらえ、大きく業績を伸ばしたのです。社会の変化にいち早く気付く着眼点は、今も会社経営に生き続けています。
 経営者としての原点を問われた小林氏は、真っ先に両親を挙げました。若くして苦労を重ねて会社を設立した両親は、小林氏に「とにかく勉強をしなさい」、「世の中の役に立つことをやりなさい」と繰り返しました。

 2人の対談を傍聴していた学生が「学生の時から社長業をやりたいと思っていましたか」と尋ねると、小林氏は、少年期には政治家を志望しており、高校生でビジネスの世界で生きていく決心をしたこと、そして「大学3年当時、日本は加工貿易で外貨を稼ぐ国であり、世界にモノを売るためには、商社に就職する必要があると思い、軒並み大手商社の就職試験を受けた」ことなど、自身の経歴を振り返りました。大学卒業後は大手総合商社の丸紅へ就職、財務部輸入為替課で日本経済の動きと向き合い、ビジネスの基礎を身に付けました。これらの経験が経営者としての小林氏を形成したのです。

 寺島は、コバヤシのような合成樹脂素材メーカー、つまり中間財を扱うビジネスの現状を説明するために、企業物価指数を紹介しました。企業間取引における商品価格を表すこの指標によると、素材原料は2000年から2倍以上に高騰した(2000年を100とすると、2013年2月は244、以下同じ)一方、中間財はわずか11%の上昇(113.6)に留まりました。さらに最終財に至っては2割近くも下落しています(87.0)。つまり中間財メーカーは、原材料の価格高騰を背負わざるを得ない厳しい状況にあるのです。こうした逆境の中でも、コバヤシは新しい時代のニーズを敏感に捉え、日々努力し、暮らしを便利にする商品を次々と開発して成長を続けてきました。寺島はこの躍動を支えているコバヤシの時代認識力を幾度も強調しました。

 また、コバヤシの今後のビジョンとして、海外展開が話題となりました。寺島は、日本の農林水産物輸出は2011年に5100億円(食料品輸出3592億円)であるが、さらに大幅に飛躍させるべきであると主張しています。そして、食の安心・安全に対するニーズが海外で高まっているとして、食料輸出拡大の可能性を論じました。小林氏は、コバヤシの容器やパッケージは輸出時に食品を劣化させないためには不可欠であることから、この点を生かしてより大きな付加価値を生むビジネスモデルを模索中であると答えました。

 最後に小林氏は若手社員の育成法として、若い人たちの感性を重要視しており、若手に思い切って挑戦させるコバヤシの社風を紹介しました。「1年目はどんな失敗をしてもいい、君たちの失敗くらいでは会社はつぶれない。社長保証で思い切ってやれ」と若手社員に繰り返し伝え、士気を鼓舞するのです。また、会社は生活の基盤であり、そのためには、会社は経営的に安定しなければならない、とも述べました。
 こうした小林氏の経営、若手育成の方針を受けて、寺島は、中堅・中小企業で働くためには、「この人と一緒に仕事をしてみたい」と思えることが何よりも大切であること、自分から行動を起こし、恥をかきながらも挑戦して失敗できるのは若いときの特権であり、コバヤシはこうした若者の姿勢を歓迎しているとして、対談を聞いていた学生に将来を考える視座を提供しました。
 
 
201306281225_2-140x179.jpg

小林 達夫 (こばやし たつお)


東京都生まれ。慶応義塾大学卒業後、丸紅株式会社入社。
1982年、株式会社コバヤシ入社、1995年、代表取締役社長就任。 
 
 
 
 
 
 
就職を機に世界と人生を考える! BS寺島 月9トーク(BS12 TwellV)
第7回放送(2013年2月11日)より
 
 


Link