「アジア次世代経営人材交流プラットフォーム」 第2回セミナー

2014/02/18

NPO法人みねるばの森

アジア次世代経営人材交流プラットフォーム

第2回セミナーのご案内
 
 
主催:
共催:
NPO法人みねるばの森
寺島文庫



 
 アジアダイナミズムの時代である。東アジアを原動力とするアジアは世界GDPの25%を占めるまでに成長し、2050年には世界GDPの半分を占める見通しである。中国とインドという二大市場を抱えるアジアはまさに世界の生産・消費の中心地となり、多国籍な人々が世界中からアジアに集まるという時代を迎えている。
アジアの次世代経営人材には、ネットワーク経営的な思考や多様な価値観を生かす多国籍チームワークなどの新しい能力が必要であり、アジアの次世代経営を構想できる人材の育成が求められている。

 「アジア次世代経営人材交流プラットフォーム」は、アジアに精通する研究者と実務家を講師に招き、留学生や若手ビジネスパーソンが、次世代のアジアビジネスを構想・実現するために、切磋琢磨する場とネットワークを形成していきます。

 第2回セミナーでは多摩大学経営情報学部准教授の巴特尓先生に「日本は中国とどう向き合うか」というテーマのもと、中国経済の実情と大中華圏および日中関係の視点から解説と問題提起を行っていただきます。また、寺島文庫止まり木プログラムの1期生であり、日本の大学教員として新たな進路に旅立つジョシ アバイ氏にご自身の経験談と今後の展望を共有していただきます。



開催日

 2014年3月8日(土)


プログラム

 
12:30~
 開場・受付開始
 
13:00~13:30
 第1部 特別セッション 寺島文庫・留学生止まり木プログラム体験談
 
寺島文庫では2009年10月より、日本に来ている留学生が在学中・卒業後に研究を深めたり、実務経験を積むことを支援するために、寺島文庫の一員として様々な活動に参画する「留学生止まり木プログラム」を実施しています。寺島文庫客員研究員として活動し、日本の大学教員として新たな進路に旅立つジョシ アバイ氏にご自身の経験談と今後の展望を共有していただきます。

講師 
ジョシ アバイ 氏 

インド生まれ。ムンバイの大学で歴史学を専攻。1999年に来日。
神戸大学農学部大学院に進学し、修士課程を経て、2010年同大学博士課程を卒業。
2010年4月より寺島文庫に所属。寺島文庫客員研究員。多摩大学非常勤講師。

 
13:30~14:30
 第2部 講演
 「日本は中国とどう向き合うのか」
 
時代は今、「知」が重要視される知識情報社会となっており、膨大な情報の中から必要な情報を摘出して分析し、未来を洞察していくことが求められている。本講演では、世界経済のけん引役としてプレゼンスの高まりを見せている中国の総合理解のため、中国経済の実情と大中華圏および日中経済関係の視点から解説し、アジアビジネスを志向する次世代のための問題提起を行う。

講師
巴特尓(バートル) 先生 (多摩大学経営情報学部准教授)

中国・内モンゴル自治区生まれ。
東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究
専攻博士課程単位取得満期退学(学術博士)。
三井物産戦略研究所を経て現職。

 
14:40~15:30
 第3部 交流会
 



参加費

  
 第一部・第二部

       無料


 第三部(交流会)

       学生 500円 社会人 1,000円 

       (クッキー、ドリンク付き)



対象者

      留学生、社会人(元留学生)、
 
      若手社会人、日本人学生


募集人数


      25名 (申込先着順/事前予約制)


会場

       文庫Cafeみねるばの森

       (東京都千代田区九段北1-9-17寺島文庫ビル1階)


お申込方法

     本セミナーは好評のうちに終了いたしました。  


申込締切

       3月5日(水) (応募者多数の場合は、締切を早めることがあります。)


お申込み・お問い合わせ先

NPO法人みねるばの森 事務局
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-9-17 寺島文庫ビル2F
TEL:03(3222)0234 FAX:03(5215)2930 (電話受付時間:10:00~18:00)
E-mail : seminar@NPOminerva-mori.org
 
 


Link