【学生×社会人】交流会「人生のスイッチの見つけ方 第2弾」開催!!

2013/05/16

【学生×社会人】交流会開催!!
「人生のスイッチの見つけ方 第2弾」

 
 
 3月2日(土)に開催された社会人と学生との交流会「人生のスイッチの見つけ方 第1弾」に続き、3月27日(水)18:00から、学生サポートメンバーの企画・運営による2回目の交流会が開催されました。寺島文庫Caféみねるばの森に集まった就職を控える学生およそ20名は、今回も社会人ゲストと徹底的に向き合いました。
 今回の企画では、「社会の第一線で活躍する女性実業家の話を聞いてみたい」という学生の希望に応え、次の方々に講師として参加いただきました。
 
・小林 輝子 氏 (アトリエきらら 一級建築士事務所 主宰)
・木原 里恵 氏 (株式会社アールケーエンタープライズ 代表取締役社長)
 

第1部 社会人ゲストのスピーチ
 
 第1部では、2人の社会人ゲストから、「今の人生ビジョンをいつ、どのように、どのようなきっかけで立てたのか」(=「人生のスイッチとは」)というテーマで、自己紹介とこれまでの歩みをスピーチいただきました。
201305161655_1-246x179.jpg
 建築士事務所を主宰する小林輝子氏は、建築の世界に魅せられたきっかけ、大手ゼネコンを経て独立するまでの経緯を紹介しました。そして現在の仕事と生活、和建築・古民家へのあくなき探求心、近年急速に増えた韓国や台湾とのビジネスチャンスなど話題は多岐に及びました。そして、人生と仕事を見つめ直す転機として昨年の父の死に触れ、毎日を誠実に精一杯生きる意義を学生に伝えました。

201305161655_2-245x152.jpg
 「リエコーヒー」創始者の木原里恵氏は、かつてよりフレーバーコーヒーに魅せられたこと、独立は想定外であったが、出産・離婚・辞職など人生の転機を経る中で「人が欲しいものを提供したい」との想いが募り、独立を決断しました。また、現在の事業展開と経営理念について述べた後、学生に対して「たとえ小さな仕事でも一生懸命となって向き合う人が、信頼を得てやがて大きな機会に巡り合う」と伝えました。
 

第2部 ディスカッション
 
 第2部では、参加学生が3つのグループに分かれ、各グループに社会人ゲストが参加して自由に議論しました。テーブルを囲んだ社会人ゲストと学生はゲストの経歴や、学生が就活や人生で抱く疑問、そして人生の夢などをテーマに熱く語り合いました。
201305161655_3-249x142.jpg
 今回の社会人ゲストは女性実業家であるということから、特に女子学生は職場や社会における女性の立ち位置、キャリア形成、生活と仕事の両立等を積極的に質問しました。
 
 本イベントの企画運営を担った学生サポートメンバーの吉澤紫織さん(埼玉大学経済学部3年生:開催時)は、「今回講師としてご参加下さったお二人は、働く中でやりたいことを見つけ、あらゆることに挑戦して、目前のチャンスを逸しないように全力で取り組んでおられました。この出会いで新しい考え方を持つことができるようになり、とても感謝しています」と振り返りました。
 
 NPO法人「みねるばの森」では、就職を控える学生に世界と人生を考える様々な機会を提供するとともに、そのような機会を自らが積極的に創出していく学生サポートメンバーを応援しています。詳細は「就職を機に世界と人生を考える!Membersについて」をご覧ください。


Link