第1弾「スマホ・タブレットの攻略法」開催結果報告

2013/07/08

 NPO法人みねるばの森主催により「みねるばの森Café セミナー」第1弾を6月22日(土)、29日(土)に文庫Café みねるばの森にて開催しました。
 「スマホ・タブレットの攻略法」と題して、講師にソフトバンクモバイル株式会社 首席エヴァンジェリストの中山五輪男氏をお招きし、22日にはiPhone、29日にはiPadの実際の操作体験を織り交ぜながら、スマートデバイスが変革するライフスタイルとビジネススタイルについてご講演いただきました。
 今回のセミナーはソフトバンク株式会社様のご協賛により、全面的なご支援をいただき開催いたしました。

201307081944_1-216x175.jpg 講演に先立って、理事長の寺島実郎がみねるばの森の設立目的と本セミナー開催のねらいについて説明しました。
 みねるばの森では、留学生・若者の就業支援、グローバル人材の育成を進める一方で、シニア世代の社会参画促進に向けた取組を進めております。これについて寺島は、今後のシニア世代の中核となる団塊世代の多くが身につけてきた、人に干渉されたくも、したくもないという価値観=私生活主義から脱していく必要があると語り、みねるばの森がアクティブシニアの社会参画のベースキャンプとなり、さらに共通の目的や関心を持つ人々が集まり知性を高め、様々な活動に参画する「アソシエーション」を創出していくことがひとつのねらいであると説明しました。
 また、今回のセミナーではスマートデバイスに関する知識を深め、昨今急速に進展する情報社会にデジタルデバイドを起こすことなく適応して欲しいと伝えました。

201307081944_2-217x143.jpg  講師の 中山氏は、伝道師を意味する「エヴァンジェリスト」を肩書きに、iPhone・iPadを広めるために日本中で年間300回近くの講演をしているスペシャリストです。講演冒頭ではスマートフォンやスマートパッドの市場動向について言及され、スマートフォンが携帯電話出荷台数ベースでは7割を超えるシェアに及んでいること、またスマートパッドがパソコンに代わって急速に普及しつつあることを紹介しました。この事実をふまえ、新しい時代には新しい道具を使ってライフスタイルを変革すべきであると参加者に語りました。ビジネスシーンにおけるiPhone・iPadの導入状況に話題が展開し、スマートデバイスの活用により機会損失の防止に成功したラーメン店の事例やネットユーザを実際の店舗に誘導することに成功したデパートの事例等、スマートデバイスにより大きく変革するビジネススタイルについて紹介されました。

  201307081944_3-217x145.jpgデバイスの操作説明に移ると、中山氏からたくさんの便利なアプリや楽しいアプリが紹介され、心拍数を計測するアプリや年齢を当てるアプリなどを操作する場面では会場が大いに盛り上がりました。iPhone、iPadの操作初体験の方にも多く参加いただきましたが、操作を重ねる中で便利さ、楽しさを感じるのはもちろんのこと、スマートデバイスが有するライフスタイル変革のポテンシャルを充分に感じ取っていただける機会になったと感じています。今回のセミナーを通じて、みねるばの森について知り、活動へ参画するきっかけとなるだけでなく、様々な社会参画に関心を持っていただくきっかけにもなればと思っております。

                                                                                                  


Link